One Lens a Day : 14mm @ 善福寺川緑地公園

Written by . Filed under 5D2, One Lens a Day, VIDEO. Tagged , . Bookmark the Permalink. Post a Comment. Leave a Trackback URL.



前回に引き続き、Samyangレンズのお話。このレンズは前玉が大きくせり出しているので、一般的な NDフィルターを取り付けることができません。かといって、マットボックスを使おうにも、14mmという超広角画角(114度)ではフィルターステージが映り込んでしまうので、これまた不可。さらには、その他の超広角レンズだったらたいてい用意されているレンズ後端のフィルターホルダーがなく… と、にっちもさっちもいかないまま、日差しが強い日中には使えない状況でした。

でも、どう考えても NDフィルターは必須! …というところで、コメント欄を通じて撮影部・1-300さんから『レンズ後端に耐久性の高い FujiのアセテートNDフィルターを黒パーマセルで直貼りしちゃえば?』とアドバイスをいただき、おっしゃ!と、さっそく材料一式を揃えて “夏休みの工作” 開始です。

ボクはもともと Nikon派で、今でも静止画の撮影には D90を使うことも多く、今回の Samyangも使い回しできるように Nikon Fマウント仕様のものを購入しています。つまり、5D MarkIIへはマウントアダプター経由で取り付けています。
今回の NDフィルター直貼り作戦では、レンズ後端の開口部を覆うように、でも同時にマウントアダプターには干渉しないように貼ることになります(指でのピント合わせ時にも便利なので、フォローフォーカス用のギアを付けています)。

さて、用意したのは、FujiのアセテートNDフィルター(0.9)。これで3段分、減光できます。ヨドバシカメラで¥1,848でした。そして、ここ10年ばかし使っていなかった円切りカッター(センターに穴をあけなくても固定できるタイプ)を引っ張り出してきて、開口枠のサイズ(39mmでした)に合わせてカットします。

下の写真の通り、Samyang 14mmは前玉だけでなく、後ろの玉も大きくせり出しています。なので、NDフィルターは開口部全体を覆うように大きくカットし、黒のパーマセルで3点留め。ただし、マウントアダプターは必要に応じていつでも外せるよう、レンズ本体にだけテーピングしています。最後にブロワーで吹いてビクともしない事を確かめてから 5D MarkIIに装着し、バレてないか確認して工作完了。



夏休みの工作と呼ぶのは大袈裟な、ほんの10分ほどの軽作業でしたが(笑)、やはり出来上がったら効果を確かめに出かけたくなりますよね。というわけで、さっそく近所の善福寺川緑地公園に繰り出しました。

当初はほんの軽いテストのつもりだったんですが、公園に到着すると今年一番のセミしぐれ。もうとにかく全周囲からわんわんと反響するほどセミの鳴き声が降ってきます。木々を見ると、あちらこちらにセミの抜け殻が張り付いていて… いえ、成体のセミまでそこかしこに留まってミンミンやっているではありませんか。俄然やる気が出てしまい(笑)、ヤブ蚊にさされまくりながら1時間ほど集中してしまいました。


Samyang 14mmでの近接撮影は、30cmが限界。セミのアップは2カットともこの領域で撮ったのですが、さすがは超ワイドレンズ!ちっとも寄って見えませんね(泣)。
でも、NDフィルターの効果は絶大で、炎天下の公園内で日差しが強くあたっている部分、空などを F8〜11あたり(一番シャープな領域)で、木立や日陰を F4〜5.6で撮影できるようになりました。絞り開放の描写は正直ちょっと厳しいレンズなので、これでバッチリ適正だと思っています。

8 Comments

  1. ゴンちゃん
    Posted 2011/09/02 at 01:31 | Permalink

    お久しぶりです!
    ゴンです。お元気でしょうか。
    ボクは夏休みに入って少しのんびりしています。
    サンヤンのレンズですね、最近韓国のユーザーたちにも話題になってます。
    あだ名がsamyang – carl zeissを合わせてサンザイズと呼ばれてますね。(笑)
    では近いうちに食事かお酒が出来ればいいと思います。^^
    いつもいい情報いただいて帰ります。
    あ、最近はsamyang社がAFのレンズも販売するようになって株価が結構上がったらしいですね。ww

    • Posted 2011/09/02 at 01:35 | Permalink

      ゴンちゃん、こんにちは! SamYang 14mmは写りがとても良くて、ホントにこんな値段でいいの?ってビックリしました。オートフォーカス・レンズはボクは興味ないけど、次は35mm F1.4も試してみようと思っています。長い夏休みは学生のうちだけなので、今のうちに思い切り楽しんでおくようにね〜!

  2. Posted 2011/08/17 at 16:06 | Permalink

    SAMYANG安くて良さそうですね。
    調べてみたらAPS-C用ですが8mmF3.5 FISH-EYEが安いのでFS100用に一つ持っていても面白いなと。

    • Posted 2011/08/17 at 16:19 | Permalink

      ああ、そうですねぇ。ふじのんさんの場合、FS-100と 7D、どちらにも使えて便利ではないでしょうか。>8mm F3.5
      ただし、こちらは「超広角」ではなくて「魚眼」ですけれども…。

    • Posted 2011/08/17 at 16:26 | Permalink

      超広角は10-20mmを持ってるので魚眼を探してたんですよ。
      意外に高いのでめったに使わないのに…と思って躊躇していたんです。

    • Posted 2011/08/17 at 16:29 | Permalink

      なるほど。それなら「渡りに舟」ですね。まさに、ふじのんさんのためのレンズ!(笑)
      あとは、Samyangはときどき片ボケする固体があるようなので、その点にだけお気をつけくださいませ〜。

  3. 1-300
    Posted 2011/08/17 at 13:12 | Permalink

    ND 0.9 直貼り。 
    Samyang の未来 (全ラインナップ PLマウント化されるのは時間の問題でしょう)。
    そして、時空を自在に行き来する 黄色い帽子の奥様とその双子の妹さん。

    何もかもが素晴らしいです。

    • Posted 2011/08/17 at 13:27 | Permalink

      どひゃ!と驚きのお誉めの言葉、ありがとうございます。両足合わせて30箇所以上、ヤブ蚊にシャバ代の血液をとられながら頑張った甲斐がありました!(笑)

Post a Reply to 1-300

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>