Blackmagic Design グラントCEO・独占インタビュー

Written by . Filed under BMCC, VIDEO. Tagged , , . Bookmark the Permalink. Trackbacks are closed, but you can post a comment.



2017年2月、NABを前に Blackmagic Designから突如発表された URSA Mini Proは、ついに念願の NDフィルターがカメラ本体に内蔵され、またユーザー自身で交換できる画期的なレンズマウントシステムを搭載した既存 URSA Miniからのバージョンアップでした。2012年の NABで突然なんの前触れもなく“弁当箱” の異名を持つ廉価で高性能なシネマカメラ、初代 BMCCが登場し、業界に激震が走ってから早5年。ますます絶好調に思える Blackmagic Design社のグラント・ペティCEOにインタビューする機会をいただきました。以下、raitank抄訳にてお届けします。

Q (raitank) : What is it in video, cinema or any field that excites your curiosity the most right now?
ビデオ、シネマ、その他の映像関連事業の中で、グラントCEOが現在一番興味をそそられている分野は何ですか?

A (Mr.Petty) : I am very interested in what digital film could bring to broadcast and live production and while URSA Mini Pro is a fantastic digital film camera, because it has features that only broadcasters had on their cameras in the past, what’s exciting to me is what happens the other way around.
私が現在興味津々なのは、デジタルフィルムカメラでありながら従来は放送用カメラにしか用意されていなかった機能が搭載された URSA Mini Proのような素晴らしいデジタルフィルムカメラを市場に投入することによって、デジタルシネマの波が逆に放送やライブ配信に何をもたらすのか?ということです。



What happens when a broadcaster gets a digital film camera that works like a broadcast camera and they can start bringing digital film workflows into broadcast. DaVinci Resolve is free so can broadcast bring in a new generation of colorist and do work never seen before? Its hard to know for sure what will happen as this change will be lead by customers but thats exciting! In the unknown there is innovation!
放送業界人が従来の放送用カメラと同じように使えるデジタルフィルムカメラを手に入れ、デジタルシネマのワークフローを放送業界に持ち込んだら、そして無料で手に入る DaVinci Resolveによって新しい世代のカラリストたちが業界に参入し、従来とは違う方法論で番組を作り始めたら、一体どんな素晴らしいことが起こるのでしょうか? 実際に何が起こるかはユーザー次第なので正確に予測するのは難しいですが、考えただけでエキサイティングです。未知の地平にこそ革新が生まれるものです!


Q : Do you ever consider stepping into lense, or cine lense manufacturing business? (Because that seems to be the only thing lacking in your product lineup.)
オリジナルのレンズやシネレンズの設計・製造はしないんですか?(映像製作に必須な製品で Blackmagicのラインナップにないのは、レンズくらいでは?)

A : I don’t think so. I do think that ENG lenses are very expensive and I don’t understand why there is not better Micro Four Thirds lenses available. I don’t know why the lens market seems to be quite slow and adapting to change, however as a company we are more interested in being an enabler for change and then we can hope that other companies can find ways of benefiting from that change and release new products while improving quality.
それはないですね。ENGレンズはとても高額ですし、マイクロフォーサーズ規格のもっと良いレンズがあったらいいのに!とか、なぜレンズ市場は時代の変化への対応が遅いんだろう?とは思っていました。ただ、企業としての私たちの立ち位置は、変化のきっかけを作る者であることだと考えているんです。我々が起こす変化に価値や利益を見出した協業他社さんが、品質を改善しながら新製品を出してくれたら良いのですが。




Q : Since the introduction of URSA, no camera came bundled with the impactful keyword, ‘Cinema Camera”. Does this imply you are now more focused on TV and other fields?
URSA以降、御社のカメラには「シネマカメラ」という呼称が付かなくなりました。これは御社が、よりテレビや放送業界寄りになってきたという意味なんでしょうか?

A : In many ways our latest camera include all the features of the old Cinema Camera models. When we first started, we did not really build cameras and our focus was not really building a camera. What we were trying to do was introduce more people into color correction and to try and increase the role of color correction as we thought it could be a creative revolution if more people used it.
多くの意味でうちの最新のカメラには、過去リリースしてきたシネマカメラたちの機能がすべて含まれています。創業当初はカメラ製品を作っていませんでしたし、そもそもカメラを作ることがゴールではないんです。我々がやろうとしたことは、より多くの人にグレーディングについて知ってもらうこと、実際に撮影したデータをグレーディングしてもらうことでした。もっと多くの人たちが撮影素材をグレーディングするようになったら、世界が変わる!と考えたのです。

However the problem is even with a free of charge DaVinci Resolve, there was still a “class divide” between people who could afford excitedly expensive digital film cameras and everyone else who had to use video cameras. You just cannot color grade video cameras because the blacks and whites in the images are clipped and so the images still look bad. Color grading video cameras is like the old “tape to tape” grades colorists had to do in the old days.
ですが、DaVinci Resolveを無償で提供しても、まだ課題が残っていました。高額なデジタルフィルムカメラを買える人たちと、そうではない普通のビデオカメラを使わざるを得ない人たちの “二極分化の壁” が厳然と存在していたのです。シャドー部が潰れてハイライトが白飛びする普通のビデオカメラで撮った絵は、グレーディングしたところで、もともと問題のある絵にさらに問題を増やすだけです。大昔のカラリストが画質劣化は覚悟の上で、テープ・ダビングで色をいじっていたのと変わりません。



So in many ways our original cameras were more DaVinci Resolve accessories that were designed to make shooting wide dynamic range digital film images as easy and as low cost as possible. Including the EF lens mount, simple ProRes file formats, high quality RAW and build in metadata on a software based touch screen was quite a change to how things were done.
そういうわけで最初の BMCCシネマカメラたちは、できるだけ安易かつ安価にグレーディングに適したダイナミックレンジの広い絵が撮れるように設計された、いわば DaVinci Resolveの周辺機器的な存在だったのです。みんなが使っているEFマウントで、高品質な RAW映像をシンプルな ProRes形式で保存でき、タッチスクリーンでメタデータをいじれるカメラ。当時はそんなカメラは他にありませんでした。



However while these early cameras really did change production and promote the use of color correction, we still had the issue of building a professional camera. The traditional customers loved what we were doing but they wanted a professional camera that just worked like the camera they use professionally. We had solved most of the technical changes so they wanted us to solve the design problem of a professional camera.
BMCCカメラの登場で、制作のフローやカラーグレーディングの有用性に関する認識は大いに変わりました。ですが、私たちにはまだプロフェッショナルなカメラを作る!という目標がありました。業界に長くいるお客様たちは我々の製品に概ね好意的ではあったものの、それまで使い続けてきた放送向けカメラと同じように扱えるプロフェッショナルなカメラを望んでいたのです。技術的な問題点のほとんどは BMCCカメラで解決済みでしたが、彼らは従来の業務用カメラのデザイン的な問題点も解消したがっていました。

Our main focus was to keep the affordability so we had to do a lot of work in our manufacturing and supply changes to get improvements in efficiency and thats allowed us to design and release a camera as complex as the URSA Mini Pro at the price it is. We are continuing to make big improvements as there is more than can be done.
ただ私たちとしては、いかに安価に提供できるか?という目標は譲れませんから、製造・供給工程において様々な取り組みを実施し、効率化を徹底することによって、URSA Mini Proのような複雑なカメラを、今の形、今の値段で提供することができたのです。もちろん今後も、今まで以上に改善を続けていくつもりです。




Q : ‘URSA’ (female bear?) is a difficult product name to grasp an image as a high-end camera for us, non-English speakers. What was the intention or spirit behind the name?
英語がネイティブでない私たちにとって、URSA(メスのクマ?)という名は、ハイエンドカメラの製品名としてはなかなかに難しい製品名です。この製品名の由来を教えてください。

A : I did not know URSA was a bear! In reality URSA was a powerful imaging brand that we inherited from Cintel and it was used for telecine. We thought it had a nice heritage in imaging from its film industry days and we thought it would be respectful to use it in a newer age of digital film imaging and cameras. Its well known by customers who have been in the industry for a long time.
URSAがメスのクマという意味だとは知りませんでした! 実際は、URSAという製品名は私たちが吸収合併した Cintel社でテレシネに使われていた有名なブランド名から拝借したものです。フィルム時代に築かれた由緒ある名前ですし、これからのデジタルフィルム時代を背負って立つカメラの製品名として相応しいのではないかと思いました。業界に長くいるお客様には、よく知られたブランド名なんです。




Q : Tell us a bit about your next move. What is the future vision of Blackmagic Design?
次の一手について教えてください。Blackmagic Design社の未来はどうなるのでしょうか?

A : I am never sure of the answer to this question and that is the question that keeps me awake at night. I often wake up in the middle of the night and have an idea then cannot sleep. So I have to get up and do some work just so I can then get it out of my system! I used to see people in television do the same thing and they would have a creative idea and then get excited and come into work tired the next day because it kept them awake. I do worry that with the tools being more affordable people can just wake up and start working on an idea now right from home!
この質問にはなんと答えたら良いか?全くわかりません。それを考えると夜も眠れないくらいです。よく真夜中に目が覚めてアイデアを思いつくんですが、そうなると、もう眠れません。ベッドから起き出してあれこれ仕事して、早く頭から追い出さないと。夜中に何か思いついて興奮して眠れなくなり、翌日寝不足のまま疲れた顔で出社なんて、TVドラマみたいですよね? 色々なツールが日進月歩で安く手に入るようになってきたので、そのうちオフィスに行く必要もなくなり、夜なにか思いついたら起き出してそのまま仕事を始めちゃう人ばかりになりそうですね。



But the general direction we will go can be confusing. Often we work in products that just don’t work out and become too expensive or cannot be done without a technical change and more work. We even had a product on an IBC booth 3 years ago that had to be pulled off the show floor the day before the show when we realized there was a problem with the workflow and it needed more work.
私たちがとるべき進路は、そもそも複雑なんです。開発中の製品は往往にして思った通りに動いてくれません。そうなると、開発にお金がかかり過ぎるか、あるいはもっと時間を費やして技術的な変更を施さないと直すことができません。三年前の IBCでは、開幕の前日にワークフローに問題が発覚し、もっと研究が必要なことがわかって、急遽ブースから取り下げた製品もありました。

So the future can be unpredictable. It’s hard to know for sure what product will work out and what ones won’t. However what I do know is we will just keep working hard and trying to impress our customers and give them more creative options. If we can keep doing that then the future will be exciting for both ourselves and the customers we hope!
ですから未来は予測できません。どの製品がヒットするか?なんて誰にもわかりませんしね。でも一つだけ言えるのは、我々はこれからも一所懸命に開発を続けますし、それによって顧客の皆さんに喜んで頂きたい、クリエイティブな選択肢を提供し続けたいということです。もしそうできたら、皆さんにとっても我々にとっても、未来はエキサイティングなものになるはずです。


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>