URSA Mini Pro raitank signature edition

Written by . Filed under BMCC, VIDEO. Tagged , . Bookmark the Permalink. Trackbacks are closed, but you can post a comment.



長いこと生きていると、ときに想像を絶する摩訶不思議な出来事が起こることがあります。
今年3月某日、Blackmagic Design Japanの K氏(この時点で、まだお会いしたこともありませんでした)から連絡がありました。曰く、URSA Miniのシグネチャーモデルを出させて頂きたい、と。

はい? (゚ρ゚)

▊ きっかけは一年前に書いた記事
聞けば、昨年5月にぼくが書いた記事『URSA Mini 4.6Kのカスタマイズ』が公開されて以来、ぼくと同じ仕様の URSA Miniが欲しいという声が何件も寄せられたのだとか(ありがたいお話です!)。



ぼくの行ったカスタマイズは、純正パーツをサードパーティ製(主に Wooden Camera社製)に換装します。これは、言うなれば同じ機能部品を二度買いすることになるので、お高くつきます。また URSA専用 EVFを汎用 SDI化する改造キットの適用では、正規保証外かつ不可逆的な構造変更を伴うため、誤って破損してしまう可能性を考えると、こちらもなかなか敷居が高い。

ついては、最初から純正パーツをぼくと同じ Woodenのパーツに換装し、EVFも改造済みかつ動作確認済みのモデルを設定し、ぼくの名を冠したシグネチャーモデルとして、特定チャンネルを通して販売させてもらえないだろうか?と仰るのです。

なんというか…。こんなオモシロイ話、あって良いんでしょうか?(笑)。

業務用カメラに個人名を冠したシグネチャーモデル? しかも名の知れた DPとかならまだしも、一介のブロガーの名を冠するって? さらにはメーカー自ら純正品をポイしてサードパーティ・パーツを採用・改造しちゃうって、ちょっとそれマジですか!?

これが前代未聞でなくて、何が前代未聞でしょう!?というか、とても正気の沙汰とは思えません。
しばし絶句しましたが、もちろん 快諾 したのは言うまでもありません(笑)。

以来3ヶ月、ぼくはシグネチャー本人としてキットの内容を監修する立場となり、Blackmagic様(カメラ本体、EVF等供給)、Wooden代理店のジュエ様、ワンタッチストラップ、PeakDesign代理店の銀一様、そして販売チャンネルとして名乗りを上げて下さった Fujiya Avic様らと協議を重ねてきました。

そして遂に遂に今週から販売開始されたとの連絡を受け取り、ただ今、こうして我が名を冠したシグネチャーモデルのデビュー記事をしたためている次第です。



▊ raitank signature editionの詳細
シグネチャーモデルを構成するパーツの詳細は、以下の通りとなっています(当然のことながら写真に写っているレンズ、バッテリー、三脚等はキットに含まれません)。



 ● Blackmagic Design
  ・Blackmagic URSA Mini Pro
  ・Blackmagic URSA Viewfinder
  ・Blackmagic URSA VLock Battery Plate



 ● Wooden Camera
  ・166400 NATO Handle Kit (Leather, 70mm)
  ・199800 Universal Hot Shoe
  ・219300 Handgrip (Right)
  ・219500 Handgrip Trigger Box
  ・216000 Top plate
  ・206300 Coiled BNC to BNC (10”)
  ・229600 Rosette Side Plate (URSA Mini)
  ・166400 EVF Modification Kit Plus UVF Mount
  ・Jouer ハイカーボンロッド



 ● Peak Design SLIDE
  ・PDS-2 ProDrive アンカー
  ・SL-L-2 SLIDE ショルダーベルト

気になるお値段は、¥999,999(税抜)! これは純正パーツを買ったあとで Woodenに換装するより 10万円以上も安い! ということです。

また上述の通り、純正状態では URSA Miniでしか使えない専用 EVFは、Woodenのキットにより汎用 SDI端子付きに改造済み。そしてその EVFと URSA Miniのフロント SDI端子をつなぐケーブルはカールコード仕様(ぼくはカールコード Loverでして)となっています。



リストの最後、Peak Design SLIDEは、『肩乗せカメラ』の絵が嫌いなぼくが、腰位置で撮影するために愛用している、とても便利なカメラ・ストラップ。

ストラップは安心・便利。だけど付けっ放しは肩にかけていないとき煩わしい。SLIDEはストラップがワンタッチで脱着可能な上、カメラに装着しておくアンカーは耐荷重 90kg。Woodenの木製グリップ、革巻きハンドルと同じオレンジ色で揃えたこいつのおかげで、ズシリと重い URSA Miniでの手持ち撮影が快適になりました。

ぼくの URSA Miniには、リストに並んだ装備の他に Rodeのステレオビデオマイクと、smallRigの汎用ベースプレートが付いています。が、どちらも全ての人が必要とするものでもないので、Signature Editionとしてはオプション扱いとしました(詳しくは Fujiya Avicさんまでお問い合わせください)。

▊ なな、なんだこの大仰なポスターは!?
3月にシグネチャーモデルの話が動き始めてから、ごく近しい友人・知人たちにだけ、この前代未聞のプロジェクトについてこっそり耳打ちしてきました。すると古巣のグラフィック業界の友人たちの間から、「ポスターは!? ポスター作らなきゃ!」という声が。

そんなもの飾ってもらえるスペースがあるのかどうか?すら不明のまま、カメラマンに照明さんにヘアメイクさんに… なんでこういう時って、超多忙なはずの人たちが万難を排してわんさか集まるんでしょうね(笑)。

背景にモクモクした雲が欲しい!ということで曇天の日を待ち、大所帯のクルーでわざわざ千葉の河川敷まで出かけたのは、まだまだ肌寒い3月末のことでした。おお!これぞ待ってましたの雲!と、カメラ位置を決め大型ストロボを立て… と準備を始めたものの、なんと撮影開始時には雲が晴れてしまい…(泣)(笑)。

ま、みんな楽しそうだったから佳しとしましょう。


▊ お問い合わせ・ご購入は中野のフジヤエービック part2様で!
というわけで、不肖わたくしめの名を冠した URSA Mini Proシグネチャーモデル販売開始の報を受け、行って参りました中野ブロードウェイ。3階直通エレベーターを降りたら左折した先の右手にあるフジヤエービック part2様の店頭には、無事ポスターが飾られていました(笑)。



いやあ、改めまして。まさか こんなモノが出るとはねぇ…。

隣に写っているのは、今回の突拍子もない話を実務面でまとめて下さった Avicの長谷川さん。失敗が許されない Woodenキットを使った EVFの改造も、まず長谷川さんが講習を受けてからスタッフの皆さんに教習されたとか。製品に関し何か不明な点、更なるご希望等がございましたら、ぜひ長谷川さんまでお問い合わせください。
▶︎ Fujiya Avicオンラインショップ
▶︎ URSA Mini Pro raitank signature edition

14 Comments

  1. Posted 2017/10/05 at 11:21 | Permalink

    おぉ!すごいかっこいい・・・
    ネット上を調べても数少ないRODE SVMX持ちとしては
    こちらもこのオプションとして普及すればいいのになー
    とてもいいマイクです。ほんと。バッテリーが入りにくいのだけ除けば(苦笑)

    • Posted 2017/10/05 at 15:31 | Permalink

      おっ? マメオさんのバッテリーが入りにくいですか? ぼくは今まで気になったこと、ないなぁ。個体差?それとも僕が鈍感なだけ?(笑)
      でも、ステレオ感がわざとらしくなく絶妙で、ホントいいマイクですよねぇ〜。ぼくも大好きです。 (^_^)

  2. 仁太郎
    Posted 2017/06/26 at 12:48 | Permalink

    夢の印税生活!

    • Posted 2017/06/26 at 13:16 | Permalink

      そのような美味しい話は… ない!! (-“-;)

  3. まるめ
    Posted 2017/06/21 at 02:41 | Permalink

    流石でございます(*´◒`*)

    • Posted 2017/06/21 at 09:13 | Permalink

      おぉ〜!まるめ師匠、おひさしゅ〜〜! (=゚ω゚)ノ

  4. momonga
    Posted 2017/06/14 at 19:29 | Permalink

    raitankさん、お疲れさまです。
    AvicさんのHPで発見した特には、ぶっ飛びましたよ(笑

    以前の記事で、かなりスマートに纏めたなぁと思っていましたが、見る人は見てたんですね〜。
    シグネーチャー発売、おめでとうございます!

    それにしてもraitankさん人気者になってしまって、そのうち中国の遊園地に偽物が現れたりするんじゃないでしょうかw

    • Posted 2017/06/14 at 19:55 | Permalink

      あはははは、momongaさん勘弁してください。「中国の遊園時に偽物が…」ってとこで、マジでコーヒー吹いちゃいました(笑)。大陸の人たち黄色大好きだしなぁ、名前も「raitong」とかフツーにありそうだし、スーツは二日で仕立てちゃうし… とか、一瞬でいろいろ絵が浮かんじゃいました。

  5. tomozo
    Posted 2017/06/14 at 18:49 | Permalink

    一言「スゲヱ!」

    ポスター欲しいです。

    • Posted 2017/06/14 at 18:55 | Permalink

      同じ内容を Facebookにもアップしたんですが、ポスター欲しい!って声があちらでもチラホラ。増し刷りしてマルベル堂にでも並べようかしら(違)。

  6. stoneriver71
    Posted 2017/06/14 at 03:36 | Permalink

    うほ!なんだか楽しいことなってますねー!
    おめでとうございますw

    • Posted 2017/06/14 at 10:42 | Permalink

      毎度お騒がせしておりまする…ww

  7. ragi
    Posted 2017/06/14 at 03:13 | Permalink

    おめでとうございます!
    で、良いんですよねw

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>